【ホームページの先生】商用集客ウェブサイト作成教室・SEO対策方法コンサルティング・web運営相談・オンライン講座・出張指導・茨城・水戸

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

SEOの王道だと信じられている、相互リンク。

 

しかしそれは、ほとんどの場合、意味をなさない。

 

被リンクの獲得は、本当にやる価値があるのかだろうか。

 

 

激論!

 

 

【塾長】
今回は、SEOについて教えてください。とくに、相互リンクについての知識をご教示いただけたら幸いです。

【住職】
被リンクの獲得を目的とした、相互リンクか。
なつかしい。
しばらくやってないなあ。

【塾長】
えっ、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンでの上位表示対策、SEO(サーチエンジン・オプティマイゼーション)において、被リンク獲得の占めるウエイトは、非常に大きなものではないのですか?

【住職】
ああ、前まではそんな風潮があったかもな。だがな、あまり大きな声では言えないが、いまは相互リンクをがんばっても、たいしたSEOにはならない、というのが実情だ。これはな、Googleの社員さんで、検索エンジン担当部署にいる人に、自分の身を置き換えてみればわかると思う。いまは、Yahoo!JAPANの検索システムも、まるっきり、Googleのを間借りしているから、Googleについてだけ考えれば大丈夫だ。
たとえば、佐藤君だったら、まったく世の中の役に立たないような、それこそ迷惑メールのようなウェブサイトがあったとして、それが被・リンクの数が多いからといって、関連キーワードの検索上位に表示させたいと感じるか?

【塾長】
いや、逆ですね。そんな、なんの意義も無いような駄目なウェブサイトは、本当に検索エンジンで自分の望む情報を得たいという閲覧者さんにとっては、害悪そのものだから、むしろ、ペナルティをかけて、まともな検索には表示されないように処置をとると思います。

【住職】
そのとおりだ。ほんとうに、Googleのスタッフさんは、よく対応してくれていると思うよ。コンテンツがすぐれたホームページほど、ちゃんと検索上位に出るように作られているし、仮に、有害なウェブサイトが誕生して、被・リンクを多く得ていたとしても、まったくそれを評価せずに、検索エンジンでの優位を与えることはない。実によく出来たアルゴリズムだと感心する。そして、ロボットのみならず、たまに、人の目で、人の手で、その検索エンジンの表示の治安を守っているそうだしな。

【塾長】
なるほど、やはりGoogleも、あれほど巨大な企業に成長したというのは、単に、アドワーズなどのPPC広告で稼いでやろうとか、お金のことばかりを考えていたわけではなくて、きちんとした検索エンジン・表示システムを構築し、それを維持・発展させ続けることが出来ているからなのですね。そこから来る信頼によって、ブランドを守り続けることが可能となっている。さすがはGoogleだ。

【住職】
まさに。
相互リンクについて、もっとわかりやすく、そのメリットとデメリットを書いてやろう。

メリット
・Googleページランクの上位な、信頼性のあるウェブサイトから被リンクを得ることによって、自分のホームページの信頼性も高まり、結果、関連キーワード検索における上位表示を獲得し、SEOを成功させることができる。
しかし注意したいのは、よほど信頼性のあるサイトとの相互リンクでないかぎり、ほとんど意味がないということ。具体的には、ページランク5以上のサイトからの被リンクじゃないと、効果は無い、というのが経験則である。ページランク5というのは、非常にランクの高いもので、地方銀行のウェブでも、かなり力のあるところでないと、5には達しない。そんなページランクを誇るウェブの担当者さんからの許諾を、われわれ一般人がポンポン得られるとは到底思えない。
一方、大事なのは、自サイトのページランクと、検索上位表示は、あんまり関係がないということ。ページランク0なのに、すごくSEOが強いホームページを作ってきた経験から、断言できる。自分のサイトのページランクは、0とか1でも差支えはない。

 

・SEOだけでなく、実際にそのメジャーなサイトからの直リンクで飛んできてくれる人もいる。

 

・SIRIUSには、被リンクの獲得機能が標準搭載されている。はっきり言って、リンク先はたいしたウェブサイトではないが、手間がほとんどゼロなので、やる価値はある。マイナスにはならないはず。

 

デメリット
・相互リンクを張るウェブサイトの担当者さんとのやりとりが、すごく面倒くさい。まともに対応すると、ちょっとしたサイト内容の変更に際しても、いちいちメールでのやりとり、そして、コンテンツの変更をしなくてはならないので、その手間を考えると、コストパフォーマンスが最悪だと言い切れる。なお、先ほども書いたが、ページランク5以上のサイトは、ほんとうに権威のあるところであり、そこの担当者さんと知り合いにならなくてはいけない、という時点で、現実的ではない。

 

・あくまでも、被リンクによって検索エンジン上位表示・SEOを向上させようという目論見は、全国区の、しかも、かなりメジャーな業種でしか、必要とされない。
翻って、大半のホームページは、地方で、あるいはマイナーな業種でのSEO勝負となるので、コンテンツさえ優れていれば、相互リンクの必要性は、ゼロである。コンテンツとG作戦だけで、じゅうぶんに検索上位になる。

 

・まともだと思っていた相互リンク先が、いきなりアダルトサイトに変身している場合がある。ホームページアドレス、ドメインがまったく同一なのにもかかわらず。それは、もとのウェブサイトが閉鎖され、別の業者、この場合はアダルト会社さんにドメインが取得されてしまったためであるが、いちいち、そんなリンク先の情報を、定期的に調べているわけにはいかない。そこまで暇な人は、稀であろう。
あまりにも相互リンク先が有害なウェブサイトに変化してしまっている場合は、リンク相手である自サイトも同類だと見なされ、評価が下がる。だから、はじめから、中途半端な相手との相互リンクは、しないほうがまし。

こんな感じになるかな。

【塾長】
本当ですか!?
つまり、現在では、自作ウェブサイトのSEOを成功させるためには、相互リンクにこだわるのはむしろマイナスであって、やらないほうがいい、ということなのですか!?

【住職】
いろんな意見があるかと思うが、俺はそう信じている。
現に、そのやり方で、俺の制作したウェブサイトはGoogle検索で1ページ目の上位表示が当たり前だから、SEOには勝てていると言えるしな。
ほんとうに、信頼されているウェブサイトからの被リンクが必要なのは、全国区で、超メジャーな業種で戦う場合だけだと、言い切れるよ。
地方で、わりかし普通のジャンルであれば、コンテンツの充実と、あとは、例のG作戦だけで、1ページ目にくるよ。

 

結論。
一般的な相互リンクは、よほどの事情が無い限り、やめましょう。
SIRIUSの相互リンク機能は、効果があるのかどうか分かりませんが、手間がゼロなので、やりましょう。マイナスにはならないでしょう。

【塾長】
了解です。
わたしもやはり、G作戦を常に実践していますが、効果がすさまじいとしか言いようがありません。みんなやってないんですかね?
これだけは、他言できないや。

【住職】
そうだな、ほんとうに食える技術というのは、インターネット上にも、書籍にも書いていない、暗黙知だ。人に追従するような形式知ばかりを追い続けることは、下りのエスカレーターに乗るようなもの。
人と違うことをしないとな!

【塾長】
はい!

集客ホームページ制作指導&SEOコンサルティング   出張可能エリアと料金

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・笠間市・茨城町 完全無料
小美玉市・石岡市・鉾田市・大洗町・常陸太田市・常陸大宮市・日立市 距離により算出、上限5000円
県内のその他の市町村 応相談

 

商用集客ウェブサイト制作の出張指導に関しましては、茨城県の県央地域を中心に活動をさせていただいております。
まったく予備知識の要らない、本格的集客力を持つホームページの自作方法を教われるとあって、茨城県内のみならず、他都道府県のクライアント様からも、熱いラブコールが多数です。

 

また、SEO対策に関しましても、弊社にて洗練した、ランニングコストのかからない日々コツコツできる技術である「G作戦」の実践方法をお伝えさせていただいており、毎月の検索上位表示・SEO業者さんへの支払いがゼロになってとても助かった!という感謝状がたくさん届いています。

 

すべてを出張指導、というのは時間的に、物理的に難しいので、現在ではオンライン教室、電話講座をご用意しております。
そして、電話・オンライン講座のほうが、じょじょに受講者様が増えている傾向にあります。