【ホームページの先生】商用集客ウェブサイト作成教室・SEO対策方法コンサルティング・web運営相談・失敗例・オンライン講座・出張指導・茨城・水戸

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸
ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

成功談よりも、失敗談を多く学んだほうが、役に立ちます。知れば、それを防げるから!

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

ビジネスで成功するために、いちばん必要なこととは何でしょうか。
それは、他者の失敗から、何かを学ぶことです。
以前、畑村洋太郎さんの『失敗学のすすめ』という本を読ませていただき、非常に感銘を受けました。
これまでにあった、古今東西の失敗を肥やしにしない手は無い!という内容のもので、まさに、集客ウェブ自主制作に、ぴたりと当てはまる名著です。

 

「ホームページの先生」代表・佐藤塾長の失敗歴はこちら。

 

 

 

ホームページの先生が提供するWEB作成講座は、すべての失敗の可能性を事前につぶしてあります。これから集客サイトを自主制作して成功しよう、という皆様に、時間とお金の無駄づかい、遠回りをいただかないためです。最短距離で、HP集客を成功させていただくためです。

 

 

それでは、商用・集客ホームページ運営における失敗には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

少なくとも、以下の全項目を知らないと、委託か自作かに関わらず、集客ホームページの運用は、まず失敗します。

 

講座を受講なさらない方も、「知らなかった!」では済まない事項であるので、ぜひ読んでおいてください。

 

防げたはずの「しまった!」を追体験することこそが、一番の失敗です!

 


 

 

 

 

失敗学その1:お金をまったく回収できない!

 

どうがんばっても、ウェブ集客にかけた費用以上の、売上を上げることができません。なにがいけないのでしょうか?

 

 

そうですね、お金のかけすぎかもしれません。
いままで主流であった、ホームページの委託制作の場合だと、よほどハリボテ的なものでもないかぎり、初回の制作費が数十万円、年間維持費が数十万円、というのがリアルなオーダーでした。

 

更新のたびに、その都度、ホームページ屋さんに支払う料金も加算されていく、ということで、予想をはるかに上回る請求になることも珍しくはありませんでした。
さらに、Google検索順位の保証もないので、SEO業者さんに別途で月額数万円の依頼をかけていた企業様も多数です。それでも駄目なら、GoogleアドワーズやYahoo!JAPANの有料PPC(ワンクリック)広告で、月に10万円以上投資します。
このうえにSNSの記事作成代行などが加わると、年間コストはなんと、かるく150万円を越えます。ほんとに、いまだにそうです。
顧客単価が高い商品やサービスを扱うような業種で、かつ、ガンガンお客さんが来ない限り、元本をペイするのは、まず不可能です。
中小企業や個人事業主の皆様で、こんなにWEBに宣伝費をかけられるところは、少数派なのではないでしょうか。

 

一方、ホームページを自主制作して運用すると、手間を惜しまなければ、年間5千円以下の費用に抑えることができ、コツを知ればSNSと被リンク獲得の煩雑さ無しでもGoogle検索で簡単に1位になれます。
その低コストと、検索での強さが、WEB自主作成のすごさです。

 

全部ひっくるめて、年間5千円もかからない。
これならば、集客赤字はまず、ありえません。

 

中小企業様なら、ホームページを事務職員さんなどに任せてしまえばいいし、個人事業主様なら、自ら制作してみる、というのが、もっとも安全な勝ちパターンです。
空き時間でも活用してみるか、というノリで十分。
やってみると本当に、楽しいものです。分からないことは、知っている人に聞けばいいだけのこと。

 

こんなに良い方法があるのにもかかわらず、いまだに、
たくさんお客さんが来たけれど、振り返ったら多額の広告費でトータルは赤字」という展開が最も多い、費用対効果においての負けパターン。

 

そうなるよりも、見かけの集客数にこだわらず、投資を抑えて、いかに利潤&黒字幅を大きくするかということを考えたほうが、絶対にいいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その2:問い合わせすら得られない!

 

何をどうやっても、ホームページから受注がとれません。ほんとうに成功している人はいるのでしょうか?

 

 

ご安心下さい。
あなただけ、御社だけじゃないです。
ほとんどの集客ホームページ所有者さんが、同じ悩みを抱えています。

 

言い換えますと、現存する95%以上の商用ウェブサイトは、集客力がゼロです。
それもそのはず、名刺に書いてあるホームページアドレスをブラウザのアドレスバーに直接入力しないと見れないだとか、会社名を入れないとGoogle検索で出ないような状態だと、新規のお客さんから連絡をいただくことは、できません。大半の商用サイトが、そんな現状。

 

集客サバイバルに成功しているHPは、上位の中の上位、ごくひと握り、というわけです。
それらの共通点は、関連キーワード検索でバンバン1位に表示され、なおかつ、面白いということ。フェイスブックやツイッター、ラインなどのSNSや、ユーチューブなど動画サイトを活用するという、副次的な要素も最近では絡んできています。
そして、中小企業や個人事業主さまのものに関しては、自社制作、または自主作成のものが多くを占めています。

 

なぜ、プロの手を借りているにもかかわらず、成功しないケースがほとんどなのでしょうか。
そもそも、WEB集客を成就させるためには、以下の2要素が絶対に外せません。

 

@「品質」の面…きわめて説得力のあるコンテンツ
A「数量」の面…高い視聴率

 

まず閲覧者様へのアピールに必要な、@。
これを、たくさんのクライアント様を抱えるホームページ制作業者さんに完全なる委託スタイルで期待するのは、少々無理があります。
御社&あなたのビジネスに関して、いちばんの知識とモチベーションをもつのは、例外なく、御社&あなた自身です。
だから、自主的にサイトを作らないと、最高のアピールはできません。

 

そして、たくさんの人に見てもらうための、A。
純粋なGoogle検索では、1位だけが極端に有利です。
ダントツでなくても1ページ目に出さえすれば、善戦は可能ですが、1位には遠く及びません。
また2ページ目以降は、蚊帳の外です。それが耐えられずに、多くの企業様が、SEO業者さんに有料で依頼をかけています。
フェイスブックやツイッター、ラインなどのSNSでメインのホームページを援護射撃するという手もありますが、専門的で面白い400文字以上の記事を2日に一度という頻度で更新し続けなくてはならないため、挫折するケースがほとんど。これまた、SNS記事作成代行屋さんが増えてきている所以です。

 

ここで、視聴率の大事さを実験するために、面白い方法があります。ワンクリックの、PPC広告です。
現在、Google検索で2ページ目以降にしか表示されないが、内容には自信があるぞ!という、お金を惜しまない方は、ぜひ、GoogleアドワーズなどのPPC有料広告をやってみてください。爆発的な視聴率が得られるため、ものすごい集客力を発揮できます。数量の大切さを、体感いただけるはずです。

 

 

結局、集客力は@×Aという、掛け算の積です。

 

これを最も現実的に、低コストで体現できる方法が、ウェブサイトの自主制作です。
@に関しては、ご自身で能動的に関わるということが、要。そして、WEB制作ソフトのSIRIUSや、セールスライティング技法など、有利な手段が存在します。
Aはそれ以上に大事。SNSや被リンクなしで簡単にGoogle検索1位になれる技法を知れば、反応率は別世界です。

 

勝つための重要な要素をすべて、ご自身で研究いただくこともできます。
おそらく、かるく3年はかかると存じます。
ホームページの先生は、それを2ヶ月程度で、すべてマスターいただくWEB作成講座です。

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その3:ライバル会社に先を越された!

 

現在、幸いにも成長市場でのビジネスを手がけています。しかしながら、同業他社に先手を打たれ、強力な集客ウェブサイトを作られてしまいました。挽回は可能でしょうか?

 

 

なるほど、後塵を拝する立場となってしまったわけですね。
わかりました、不利なWEB集客の状況にて、一発で相手を上回れる戦術を、お教えいたしましょう。

 

それは、GoogleアドワーズなどのPPC広告に、多額の資金を投入することです。

 

「えーっ!?」
面食らってしまうでしょうか。

 

しかし、集客サイト制作で後手に回ってしまったとき、純粋なGoogle検索において短期間で勝つのは、原理的に不可能である場合が多く、至難の技です。
数ヶ月という期間があれば、後発でもSEOで凌駕できますが、数日とか数週間といったスパンでは、検索順位では、よほどライバルが致命的なミスを犯さない限り、下克上はできません。
少なくとも、Google検索で1位になるためには、難易度に応じて、これくらいの時間が必要なのです。
最も優秀なSEO技術をもってしても、時間という要素を味方につけないと、意味をなさないのです。

 

SNSや動画サイトを使っても同じこと、そこまで即効性のある低コストな手段は存在しません。
Googleさんやフェイスブックさんなども、単なる慈善活動をしているわけではありません。ビジネスで、より高いお金を払ってくれる方を優遇するのは当たり前のことです。
でも、技術介入できる者が先手を打ちさえすれば、お金を払わなくても、やり方次第では、優位に立つことができるのです。

 

 

あくまでも、集客ホームページづくりは、技術ある先手が有利。
オセロの端を確保したものが、極端に勝ちやすいのと同じことです。

 

そのうち、集客ホームページを自作、あるいは一新しようとしている皆様。
遅く始めても、集客を実現することはできますが、遅ければ遅いほど、余計な費用をかけることになります。そして、技術を習得する気持ちもなくなってきます。
時間という、最高の武器をより多く、有利に活用できた人・企業が、結局はビジネス現場を制し、利益をあげているのです。そしてさらにノウハウとスキルを蓄え、勝ってますます強くなっていきます。

 

いつ、サイトを作り始める、あるいはリニューアルするべきなのでしょうか。
今です!

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その4:Googleのペナルティを受けた!

 

現在、委託制作した自社の集客商用ホームページを所有しているのですが、突然ペナルティを受け、それが数カ月たっても解除されません。なぜ罰則を受けたのでしょうか、そして、どのくらいの期間で解除されますか?

 

 

それはお気の毒です。
まず、原因として、いくつかの可能性があります。
ホームページ会社さんに制作を依頼したときでも、自主制作を試みた場合でも、Googleペナルティを受けている方が、たくさん見受けられます。もし、ペナルティを課せられた場合には、急激に関連キーワードでの検索表示順位が下落し、いままで1ページ目だったものが、平気で10ページ目以下という圏外に落ちることすらあります。
そして、ペナルティの通告は、Googleのウェブマスターツールにて、明確な文言が表示されるようになるため、はっきりとわかります。

 

Googleさんをはじめとした、検索エンジンにおけるペナルティの原因は、ほとんどが以下のようなものです。
@ ある日突然、コンテンツを大改編した。
A 被リンクに、非常に不自然な動きがあった。
B Googleの検索システムが更新され、自サイトがそれに適合しなくなった。

 

最近は流行らなくなってきたのですが、有料のSEO業者さんに頼んだりした場合、外部のウェブサイトからの被リンク獲得によって、無理矢理検索順位を上げようとするケースが見受けられたものです。だから、Aでダメージを受けていたサイトもけっこうありました。
そして近年、Googleの検索システム評価基準が変わるという、パンダ・ペンギンアップデートなる改革があり、Bを体験した人もいるはずです。

 

一方、なんだかんだで、最もペナルティ原因となりえるのは、@ではないかと思います。
あまりにも突然、サイトを大きく変えすぎると、これまたペナルティの対象となるのです。異常な被リンクや不正行為などの心当たりがないのに、突然のペナルティ通告をウェブマスターツール上に見出し、びっくりされる自作挑戦者さんが、あとをたちません。
それもまた、経験の蓄積になることは、間違いがないのですが。

 

コンテンツの更新とか修正じたいは、絶対に必要となる作業なので、いったい短期間に、どの程度までの改編が許されるのか、感覚が掴めない初心者様が多数だと存じます。
こればかりは、多くの経験を持つ、プロの指南を受けるのが一番です。書籍やインターネット上の情報を頼りにしても、確証がつかめないため、不安がぬぐい切れないものです。
なにしろ、ペナルティを食らえば、数カ月はサイトが戦闘不能になります。それを、多少のアドバイスにて回避できるのならば、石橋を叩いてわたるべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その5:ホームページ制作ソフトの選択をミスした!

 

以前、ホームページビルダーを購入し、集客サイトの自主制作に取り組んでみたのですが、HTMLやCGIなどのウェブ言語がまったく理解できず、結局、挫折してしまいました。集客サイトを自分で、自社で構築するためには、やはりWEBの基礎言語をマスターせねばならないのでしょうか?

 

 

以前までは、そうでした。
HTMLやCSSを覚えることが、ウェブプログラマーだけでなく、その前の段階であるウェブデザイナーにも求められ、それを知らなくては、ブログ程度のサイトしか制作することは、決して出来ませんでした。

 

しかし最近では、いいソフトが登場し、まったくHTMLの知識を必要としない、SIRIUSというウェブ制作ソフトウェアが、その代表です。ホームページの先生でも、さまざまな角度からシリウスを検証し、その素晴らしさに驚嘆、いまでは公式ソフトとして採用するに至っています。

 

もちろん、モデルケースとして、今ご覧の当サイトも、シリウスにて作成いたしました。最低でも、これくらいのビジュアルを実現することができます。見やすいという観点から、多くの共感をいただいております。

 

SIRIUSは、たんに扱いやすいというだけでなく、Google検索順位を上げる取り組みであるSEO対策に有効であったりとか、通常のPCで閲覧するホームページと同時に、ボタンひとつでスマホ&ガラケー向けのサイトを制作できる、という便利機能が満載です。

 

どなたでも、何年かやってみれば、SIRIUSにて強いウェブサイトを制作できるようになる可能性があります。しかし、じつは大半の人たちが、モノにできずに辞めてしまうようです。やはり、忙しいビジネスパーソンの皆様は、完全なる独学にてコツを掴むのがむずかしいのだと存じます。

 

ホームページの先生は、自力で取り組むと何年もかかるような集客ウェブ作成技術の習得を2ヶ月程度で可能にし、さらにはGoogle検索1位を保証するというプランをもご用意した、そんなオンライン&出張の指導・講座をご提供しています。
現在は受講者様と講師のPCを完全に遠隔にて繋ぐソフトなどがあり、驚くほどスムーズに授業を進めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その6:「簡単ホームページ作成システム」で、.htaccessが使えない!

 

いま、月額料金を5000円程度支払うタイプの、簡単ウェブサイト運用システムを利用しています。サイトに特殊機能を持たせたいので、.htaccessの勉強をはじめたのですが、そもそも、この簡単システムだと、使用が不可能らしいのです。どうすればよいでしょうか。

 

 

はじめに2万円程度でデザインや骨子をプロに作成してもらって、そこからは全て自分でサイトをカスタムできるという、簡単ホームページ運用システムが流行しています。月額は、たしかに5千円程度が相場のようです。
このサービスは、初心者の方で、自社ウェブサイトを自主的に活用していこう、というユーザー様には非常に良いものだと思うのですが、おっしゃるとおり、.htaccessがまったく利用できず、あとからその重大さに気付かれるケースがほとんどのようです。
CGIの導入などにも影響が出るのであれば、それは致命傷です。

 

こればかりは、運営元がシステムの抜本的なバージョンアップをはかる以外に、打開策はありません。
その簡単運用システム以外の手段で、サイトを作り直すしか、ないでしょう。

 

いまは制作ソフトのSIRIUSなどを使えば、月額費用の発生する簡単ホームページ運用システムに頼らなくても、容易に生粋のウェブサイト制作・運営をすることができます。
他社が作った初心者向けのシステムに依存するのではなく、選択次第では、さほどの学習と労力を必要とせず、完全なる自社運営ができる、ということなのです。
振り出しにもどるとしても、後を見据えれば、やり直したほうが早い場合もあると存じます。

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その7:教材を買ったが、集客については何も書いてない!

 

HTMLの基礎とか、フォトショップを使った美しいグラフィック、FLASHによる動画を織り込む技術などを総合的に学べる、ホームページ自主作成の教材を購入しました。ところが、お客さんを集める方法が何も書いてありません。どうすればよいでしょうか?

 

 

なるほど、教材での独学による、集客WEBの自主制作に挑まれたのですね。
たしかに、ホームページづくりの基本言語であるHTMLや、少し高度なプログラムのCGIなどを学べば、ウェブデザイナー、はたまた、その上のウェブプログラマーとして職を求めることができるかもしれません。
フォトショップで画像を編集できたり、動画なども扱えるようになったら、それこそ鬼に金棒の人材ですね。

 

しかしながら、完成度が高く、美しいホームページを作成できることと、きちんと集客できるのかということは、比例関係にはありません。
美しさは、あくまでも第二義的なものです。それ以上に大切なのは、コンテンツを眺めていくうちに、自然とそのサービスや商品が欲しくなってしまうような、そんな仕組み。
そして、検索で強くなるための、何らかのSEO技術介入。

 

説得力の強いコンテンツの作成にあたっては、「セールス」に当たるため、セールスライティングや、顧客感情の心理学を求められるのが良いでしょう。これなどは、書店にも、関連の本が売っています。
また、より多くのお客さんを集めるということについては、「マーケティング」の知識と技術が必要です。そのための基礎としてのSEOであり、また、周辺技術としてフェイスブックやラインなどSNSを活用したりとか、YOUTUBEにて情報を発信したりなどの活動があります。書籍やネットに書いてある内容を吸収していくだけでも、ノウハウを蓄積していくことはできますが、やはり経験者に聞いてみるのがいちばん効率が良いかもしれませんね。
身近なところに、ウェブ集客の経験者さんがいらっしゃるかどうか、探してみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その8:緻密で美しいサイトへと進化させたが、集客力が落ちた!

 

だいぶ長いこと、自社ホームページをほったらかしにしていました。月に数件の問い合わせが得られていたので、さらにそれを高めるために、ある時期にリニューアルをしました。ところが、すごくキレイなサイトになったのに、集客の頻度がガタ落ちしました。なぜでしょうか?

 

 

息を呑むような、美しいビジュアルのホームページ。
一見、集客力もすごいように見えます。

 

ところが、これがまた大間違い。
かえって、主題が不明瞭になり、そのサイトが何を言いたいのか分からず、集客力が無い場合があるのです。

 

単純なつくりでもいいから、「見やすいこと」そして「主張が伝わりやすいこと」。
それが、商用サイトの命なのです。
以前のホームページは、簡素ながらも、そこをきっちりと抑えたものだったのかもしれませんね。
もし委託で作ったものだとしたら、非常に良心的な業者さんだったのだと称賛いたします。

 

 

 

 

 

 

 

失敗学その9:スマホサイトの必要性に気付かなかった!

 

10年以上、自社ホームページを運用しています。スマートホンの普及とともに、なぜか集客力が急降下していきました。スマホ専用のサイトも作らなくては駄目でしょうか?

 

 

その話題、すごくタイムリーです。
つい最近までは、スマートホンや小型のモバイル専用サイトが無くても、そこそこ見やすければ、極端に集客力が落ちるということはなかったので、あなたの場合、小さな画面でも視認性が良いものに改善するだけで、集客に関しての問題はクリアできた、といえます。
いままでの流れでいけば。

 

しかしながら、集客という主旨ぬきに、先日のGoogleの方針表明によってスマホ専用サイトも、作成せざるをえなくなってしまいました。

 

通常のPC大画面向けのホームページだけを所有しているウェブマスター達に対して、急に、「あなたのサイトはスマホ・小型モバイルでは見づらい。はやく、それらの専用サイトを平行して作りなさい。」という警告がくるようになってしまったのです。
いまのところ、その実害は無いのですが、そのうちに、何らかの順位ダウンという罰則が科せられる可能性があるので、意識あるサイト制作者達は、迅速にスマホ&小型モバイルの専用サイトを作っています。
現時点で、スマホ専用サイトが無い会社のホームページは、かなり遅れています。
でも、手間と投資がすごい場合があるので、みんな、やりたくても対応できないのです。

 

 

ここで、ある条件を満たしているか否かが、すごく運命を分けます。
それは、既存のホームページを作成したソフトが、「スマホサイト制作機能」を有しているかどうか。
もし、それがなければ、ぜんぶ人力でスマホ専用サイトを立ち上げねばならず、とんでもない負担を強いられることとなります。
いままで全く意識していなかった観点からペナルティを受けるというのは、まさに想定外。
委託制作のウェブサイトで、スマホ専用サイト作成という、更なる追加投資が耐えられずに、ウェブ集客を完全に諦めてしまった企業様も多数。

 

 

一方、弊社・ホームページの先生が公式採用しているSIRIUSは、思った以上に秀逸でした。
なぜなら、SIRIUSであれば途中からでも、PC版のサイトしか運用していなかった状態でも、ボタン一つで、それをスマホ&ガラケーのサイトに、完全に自動変換できるからです。
しかも、PC・スマホ・ガラケーのそれぞれに、閲覧機器別に表示項目を詳細設定できるという、すごい融通の効きぶり。

 

今からでも遅くはありません。
スマホ専用サイトの立ち上げで困られている皆様は、シリウスで作り直してしまったほうが、はるかに将来性を勝ち得られます。

 

ピンチはチャンス。
ライバルが減ったとき、環境変化を逆手に取れるほどの、純粋な実力があれば、パラダイムシフトをも発展の礎とすることが出来ます。

 

 

これらの失敗学を、随時追加していきます。乞うご期待!

 

 

 

集客ホームページ制作指導&SEOコンサルティング   出張可能エリアと料金

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・笠間市・茨城町 完全無料
小美玉市・石岡市・鉾田市・大洗町・常陸太田市・常陸大宮市・日立市 距離により算出、上限5000円
県内のその他の市町村 応相談

 

商用集客ウェブサイト制作の出張指導に関しましては、茨城県の県央地域を中心に活動をさせていただいております。
まったく予備知識の要らない、本格的集客力を持つホームページの自作方法を教われるとあって、茨城県内のみならず、他都道府県のクライアント様からも、熱いラブコールが多数です。

 

また、SEO対策に関しましても、弊社にて洗練した、ランニングコストのかからない日々コツコツできる技術である「G作戦」の実践方法をお伝えさせていただいており、毎月の検索上位表示・SEO業者さんへの支払いがゼロになってとても助かった!という感謝状がたくさん届いています。

 

すべてを出張指導、というのは時間的に、物理的に難しいので、現在ではオンライン教室、電話講座をご用意しております。
そして、電話・オンライン講座のほうが、じょじょに受講者様が増えている傾向にあります。